2021年07月21日

食べ歩き日記 Vol.21

宇都宮 宇味家 駅前店


今回も引き続き宇都宮シリーズです。


宇都宮駅前にあります
「宇味家(うまいや)駅前店」です。

宇都宮宇味家20140924 (1).JPG




ここも鉄板の有名店ですね。

餃子は比較的オーソドックスです。
普通の焼餃子と揚げ餃子。

宇都宮宇味家20140924 (2).JPG

宇都宮宇味家20140924 (7).JPG

皮もしっかりしていますし
中身の餡もぎっしりです。
肉汁が溢れて美味しいです。



そして水餃子。

宇都宮宇味家20140924 (3).JPG

ここでも水餃子はスープに
醤油とラー油を入れて食します。

宇都宮宇味家20140924 (4).JPG



そしてここの名物が
揚げ餃子ではなく
「フライ餃子」なる物です。

宇都宮宇味家20140924 (5).JPG

ソースで食べるんですよ。
ね、美味しそうでしょ?

宇都宮宇味家20140924 (6).JPG



非常に王道ながら安定感のある
宇都宮餃子の神髄を味わえるお店です。
是非行ってみてください。





店舗情報  宇味家 駅前店
営業時間  11:00〜22:00

      日曜営業

      定休日 月曜日
      (祝日の場合は翌日が休み)
HP https://umaiya.jp/
住所:〒321-0964 栃木県宇都宮市駅前通り3-3-2 2F
電話:028-637-9251


詳細情報に食べログも参照して下さい。
https://tabelog.com/tochigi/A0901/A090101/9002961/

併せてぐるなびの情報もご覧ください。
https://r.gnavi.co.jp/52ugj9zc0000/






posted by たむりん at 08:14| Comment(0) | たむりんの食べ歩き日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月17日

食べ歩き日記 Vol.20

宇都宮 イキイキギョーザ

今回も前回に引き続き
宇都宮の餃子のお店を紹介しましょう。

宇都宮イキイキギョーザ20131215 (1).JPG

「イキイキギョーザ」という
何とも風変わりなカタカナの店名。

店内には沢山のメニューがずらり。
なんと600種類以上あるそうです!

宇都宮イキイキギョーザ20131215 (2).JPG

フルーツやチョコレートなどの甘い物から
ワサビなんて激辛の物まで・・・
キムチや納豆は当たり前です。
中にはほとんどネタのような
ネーミングの餃子もありますよ。
「狼踊る餃子」とか
「初恋味の餃子」とか
果ては「泳いでる餃子」となると
もはやその名前からはどんな物なのかも
想像不可能です(笑)


肝心の餃子の味は・・・・
これがかなりの高クオリティ!

宇都宮イキイキギョーザ20131215 (5).JPG

宇都宮イキイキギョーザ20131215 (4).JPG


宇都宮の餃子の奥深さを思い知らされます。

宇都宮イキイキギョーザ20131215 (3).JPG



宇都宮で普通の正統派餃子に
少し飽きたりした時や
または二件目として行くなら
ここは超オススメです!



店舗情報  イキイキギョーザ
営業時間  [月〜土] 17:00〜翌3:00
定休日 日曜日

営業時間・定休日は変更となる
場合がございますので、
ご来店前に店舗にご確認ください。

宇都宮餃子会公式サイト
https://www.gyozakai.com/shop/3

住所:〒321-0945 栃木県宇都宮市宿郷1-12-12
電話:028-634-6448

詳細情報に食べログも参照して下さい
https://tabelog.com/tochigi/A0901/A090101/9000309/








posted by たむりん at 16:29| Comment(0) | たむりんの食べ歩き日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月27日

食べ歩き日記 Vol.19

宇都宮みんみん 本店


コロナ禍で最近は食べ歩きが出来ませんので
過去の食べ歩きからも
少し紹介致していきましょう。

宇都宮みんみん20131215 (2).JPG

宇都宮の餃子と言ったらココ!
というくらいに有名なお店です。
「宇都宮みんみん 本店」です。


あまりにも有名な店で
一時間以上並ぶのは当たり前のお店です。
行ったのはかなり前のことで
2013年の12月になりますが
今でも変わらず人気のお店で
よくテレビなどでも紹介されています。

自分が行った時には
一時間ほど並びましたね。


宇都宮みんみん20131215 (1).JPG

列の一番後ろに並んでいるのは
一緒に行ったWaFFlyDaizyボーカルの
藍樹魅那(あおきみな)です。
お店も大きな看板で目立つので
非常に見つけやすいですね。



宇都宮みんみん20131215 (3).JPG

メニューは本当に餃子だけ三種類のみ。

・焼き餃子(しゃおちゃおず)
・揚げ餃子(やんちゃおず)
・水餃子(しゅいちゃおず)

と書いてあります。
これ以外にライスとビールはありますが
基本的にメニューは
この餃子三種類のみです。

常連のお客さんは皆さん
「焼き!」「揚げ!」「水(すい)!」
と言って注文していましたね。



醤油、酢、特性ラー油をガッツリ入れて
タレを作りまして、しばし待ちます。

宇都宮みんみん20131215 (5).JPG

「焼き」と呼ばれる、焼き餃子。

美味しんですよ、これが。
でもね、本当に普通の味。
普通の何の変哲もない餃子です。
観光客には物足りないかもしれないくらい
普通の味で美味しいです。
本来地元の皆さんに愛されている感じが
プンプン漂います。

そしてとにかく安いので、
地元の人達の普段の食事なんでしょうね。
餃子は羽付きでそこもグッドポイントです。

餃子は写真では240円となっていますが
それは八年前の2013年当時の値段で
今現在は全て300円との事です。





宇都宮みんみん20131215 (4).JPG

こちらは揚げ餃子。
これはかなり個人的に好きで
とても美味しいです。
ビールによく合うと思います。



宇都宮みんみん20131215 (6).JPG

そして水餃子ですね。
こちらでは水餃子はタレにつけずに
水餃子の器のスープの中に
直接醤油と酢と多めのラー油を入れて
食すのが流儀みたいです。



宇都宮と言えばまずココ!というくらいに
定番中の定番のお店ですから
宇都宮なら是非ここに一度は
行ってみてはどうでしょうか。

着飾ったよそ行きの美味しさよりも
宇都宮の普段着の美味しさが味わえますよ。




店舗情報  宇都宮みんみん 本店
営業時間  11:30〜20:00
      ※週末・連休などの繁忙期は、
      閉店時間が早まることがあります。
      
      日曜営業
      
      定休日 火曜日・月2回水曜日
      (※臨時休業あり。公式HPを要確認。)
HP https://www.minmin.co.jp/
住所:〒320-0026 栃木県宇都宮市馬場通り4-2-3
電話:028-622-5789

詳細情報に食べログも参照して下さい
https://tabelog.com/tochigi/A0901/A090101/9000045/



posted by たむりん at 11:45| Comment(0) | たむりんの食べ歩き日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月08日

公園ミスターの公園・緑地巡り Vol.5


大阪府豊中市 服部緑地 D


さて、第五回目は
服部緑地の最後の回で
日本民家集落博物館をでてからの
いなり山を経て
駅に帰るところまでを
紹介しますね。


日本民家集落博物館を出て
いなり山に向かうと
綺麗な藤棚がありました。

DSC_0982.JPG

DSC_0983.JPG

さらに歩いて行くと竹林が。

DSC_0990.JPG

DSC_0991.JPG

育ち過ぎた筍もありました。
これはもう食べられませんね。
大きな竹になってもらいましょう。

DSC_0992.JPG



いなり山を登り切って
今度は降りて行きますと
左手に池が見えてきます。

DSC_0994.JPG

その池の奥には
乗馬クラブがあって
遠くからですが
馬を見る事が出来ましたよ。
あまり近くには寄れないように
なっていたので残念。

DSC_0997.JPG



乗馬クラブを経て
ちょうど緑地を
一周したことになり
噴水広場に戻って
駅に向かって戻ります。


来る時は気が付きませんでしたが
駅から延びる参道のような道が
下り坂なんですね。
なので帰りは長い上り坂。
これが結構キツかったです。
登り坂を上り切ったら
ちょっと下って
駅の入り口が
見えてきます。

DSC_1001.JPG

駅が見えてきたら入りまして
改札口は一つ。
分かり易いです。

DSC_1003.JPG


大抵の人が新大阪方面から
来てるでしょうから
帰りは反対側のホームになります。
まず改札を入ると
千里中央方面のホームなので
エレベーターで地下通路に降りて
地下通路を通って
反対側のホームに行きます。

DSC_1007.JPG


地下通路に森の絵が。
藍樹魅那と記念撮影をしました。

DSC_1010.JPG

DSC_1012.JPG

DSC_1011.JPG

反対側のホームから新大阪方面、
つまり地下鉄御堂筋線乗り入れ方面に
向かいます。

DSC_1014.JPG




以上、大阪府豊中市にあります
服部緑地を五回に渡って
紹介してきましたが
今回で終了です。

公園・緑地巡りシリーズ、
今後もご期待ください。


服部緑地HP http://hattori.osaka-park.or.jp/




posted by たむりん at 10:37| Comment(0) | 公園ミスターの公園・緑地巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

公園ミスターの公園・緑地巡り Vol.4


大阪府豊中市 服部緑地 C


さて、第四回目は服部緑地内にある
「日本民家集落博物館」
に入ったのでご紹介致しましょう。


入口です。

DSC_0904.JPG

入口の前には案内図が。
もう錆びてるのも味です。

DSC_0903.JPG

案内図の横の草の露も
綺麗でした。

DSC_0902.JPG

料金はこちらの通り。

DSC_0906.JPG

私は障がい者なので
障がい者手帳を提示して
本人は無料、同伴者200円で
入場しましたよ。



入口の門を入ってすぐの所で
その日に敷地内で採れた
朝採れの筍を売っていました。
物凄き大きくて
しかも安かったです。

DSC_0907.JPG

DSC_0909.JPG

ホテル暮らしなので
調理も出来ないので
買う訳にもいきませんでしたが。



入り口近くの木々です。

DSC_0911.JPG

DSC_0910.JPG




さて、ここから古民家巡り。

・大阪堂島の米蔵

DSC_0912.JPG


入口付近の花に止まっていた蜂。

DSC_0918.JPG

そしてミズアゲハ。
東京ではもう
何十年も見ていませんね。

DSC_0924.JPG


・飛騨白川の合掌造り民家

DSC_0929.JPG

DSC_0930.JPG

合掌造り民家の内部。

DSC_0931.JPG

DSC_0933.JPG

DSC_0934.JPG


・摂津能勢の民家

DSC_0939.JPG

DSC_0940.JPG

摂津の根の民家の内部。
唐箕もあります。

DSC_0943.JPG

DSC_0944.JPG

DSC_0946.JPG

DSC_0947.JPG

DSC_0948.JPG


・日向椎葉の民家

DSC_0949.JPG


・奄美大島の高倉

DSC_0952.JPG

DSC_0953.JPG


敷地内は緑が豊かですよ。

DSC_0955.JPG


・大和十津川の民家

DSC_0956.JPG

DSC_0960.JPG

DSC_0961.JPG


・越前敦賀の民家

DSC_0963.JPG

DSC_0964.JPG


・北河内の茶室

DSC_0968.JPG


・南部の曲家

DSC_0969.JPG

DSC_0970.JPG

DSC_0965.JPG


・小豆島の農村歌舞伎舞台

DSC_0971.JPG

DSC_0973.JPG


・堺の風車

DSC_0976.JPG



敷地内は広く
アップダウンも激しいので
かなりいい運動になった上に
心ゆくまで楽しめました。



次回は最後に
「日本民家集落博物館」
を出てからいなり山を経て
帰りの途に就くところを
ご案内いたしますね。


服部緑地HP http://hattori.osaka-park.or.jp/





posted by たむりん at 09:44| Comment(0) | 公園ミスターの公園・緑地巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする