2018年05月26日

ラーメン屋さん探訪 Vol.26

秋葉原 麵屋 きわみ

今回は秋葉原にあります「麵屋 きわみ」をご紹介致します。

1527270726191.jpg

券売機は店外にあります。
今回は「一番左上がオススメ」の法則に従い
特製ラーメン 900円 を食します。

狭くてもそんなに圧迫感を感じない店内。
木を基調にしたカウンターやテーブルの店です。



1527270727896.jpg

スープは豚骨、そんなに臭みはありません。
コクがあり、サッパリさと濃厚さを併せ持っています。

麺はストレートの細麺。
思いの外スープとよく絡みます。
バランスの良いラーメンです。
麺は普通盛りでもたっぷりの量で
食べごたえは充分です!



1527270729332.jpg

ちょっとだけアップのラーメンの写真をもう一枚。
海苔が良いアクセントになり、
その海苔で麺を包んで食べると美味しいですよ!

沢山入っているもやしとネギが、
野菜の風味で豚骨の臭みを中和して
しつこさの無い豚骨ラーメンを作り出しています。

味玉もオーソドックスながらクオリティはとても高いです。
メンマは逆に薄味で、麺の味や力強さを引き出します。

チャーシューはオーソドックスな東京風の
硬めのチャーシューです。

そして特筆すべきところは
他店では類を見ないくらいに熱々なところ!
ラーメンの美味しさを逃がしません!!




1527270730664.jpg

今回はニンニクを投入!
もやしとニンニクの風味で
豚骨特有の臭みの無い一杯を堪能!


そしてニクい隠し味として
ラーメンの中にカリカリ梅干しがひとつ。
これが隠れた爽やかさをラーメンに与えていたんですね。

最後にスープが染み込んだカリカリ梅干しを食べた時の
その味わいとテンション上がる感はヤバいです!



完食!

かなりの量のラーメンですがそれでも胃がもたれません!
ごちそうさまでした!



店舗情報  麵屋 きわみ
営業時間  11:00〜23:00 無休
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田4-3-11
電話:080-6638-1375

詳細情報は食べログを参照して下さい
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13024755/

併せてラーメンデータベースも参照して下さい
https://ramendb.supleks.jp/s/6769.html



posted by たむりん at 17:38| Comment(0) | ラーメン屋さん探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

ラーメン屋さん探訪 Vol.25

新中野 澤神(サワガミ)


今回は新中野から徒歩10分程のところにあります、
「澤神(サワガミ)」を紹介したいと思います。

1526866938233.jpg



開店と同時に行きましたが、もうすでに並んでいる人が。

1526866842654.jpg

中に入り食券を買います。

1526866860901.jpg

1526866862506.jpg

今回は「つけ麺(大)870円」を食します。



ジャ〜〜〜〜ン! 来ました、つけ麺!!

1526866866944.jpg





1526866870336.jpg

麺は極太麺、硬めでコシが強い!
噛み応えがあり、
質の良い小麦の風味を堪能できます。
この自家製麺は全粒粉らしくゴワゴワした麺ですが
丸みを帯びて一旦口の中に入れてしまうと
意外と口当たりはツルツルです。
スープによく合います。
噛み切れる間際のあまりにもハッキリとした
「プチン!」という感触は秀逸!

1526866871592.jpg

スープ(つけ汁)は濃い味の中にもまろやかさと、
少しの酸味が加わった魚介風味。

そのスープは豚のゲンコツに鶏ガラ、モミジ、豚の背脂などとサバ節、
煮干し、昆布などで煮出した醤油豚骨。
そこにとろみのある醤油ダレを入れて作っているそうです。
コシがある自家製麺とベストマッチです。

スープに入っているネギも
爽やかさを演出。



1526866874273.jpg

麺に添えられている甘酢キャベツが個性的!
爽やかさを演出!
これが意外な程に美味しいのです。
お店の人の話によると口直しに最適なんだとか。
つけ汁が濃厚過ぎると感じる方も
このキャベツがあると最後まで
美味しく食べられるんだそうですよ!


細長い角切り状のチャーシューはトロトロ、
旨味もたっぷり。

メンマは濃いスープに負けないようにしっかり味で作られています。
このしっかり味とキャベツやネギの爽やかさが合わさった時に
麺自体の持っている「真の力」がよく分かるくらいに前に出てきます。
やはり、最終的には麺の力で勝負していますね。

味のアクセントの強弱の付け方が
非常に上手いつけ麺です!



食べ進む程に硬めの麺の意味が分かってきます。
これだけはっきりとした強いスープと具の中でさえも
ハッキリと分かる麺の味!
これはもう、見事としか言いようがありません!


最後にスープ割りをもらうと、
改めてスープのクオリティの高さを実感。

もちろん完食! ごちそうさまでした!!





店舗情報  澤神(サワガミ)
営業時間  [月〜金] 11:00〜14:30/18:00〜21:00
      [日・祝」11:00〜15:00
      ※いずれも、麺・スープ切れ次第終了
      日曜営業
住所:〒164-0011 東京都中野区中央5丁目15−4 錦ビル
電話: 050-1548-6383

詳細情報は食べログを参照して下さい
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13090671/
併せてラーメンデータベースも参照して下さい
https://ramendb.supleks.jp/s/20160.html


posted by たむりん at 14:55| Comment(0) | ラーメン屋さん探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

ラーメン屋さん探訪 Vol.24

新宿 麺屋 海神


今回は新宿の「麵屋 海神」を紹介致します



新宿の東南口から一分、階段を降りたら目の前に見えているお店です。

DSC_0226.JPG

平日の昼間にもかかわらず既に行列が。

DSC_0227.JPG




順番が来てお店の人に呼ばれ、階段を登っていきます。

DSC_0228.JPG

DSC_0229.JPG

DSC_0233.JPG


ビルの二階です。階段通路は狭く、すれ違うのもやっとです。
階段や通路はかなり狭いのですが、
雰囲気が漂っていて、それだけにラーメンに対する期待が膨らみます。

DSC_0237.JPG

DSC_0239.JPG

DSC_0242.JPG

ようやく店内へ。スーツケースを持ってきている人が多数見受けらえました。
観光客の方がわざわざ訪れるほどのお店のようですね。

DSC_0244.JPG

DSC_0245.JPG

DSC_0247.JPG

DSC_0246.JPG

今は外国人の観光客も多いので、
都内のほとんどの有名飲食店の店員さんの多くが
そこそこの英語は話せるようですね。
自分の店の商品説明やお金の話は英語でやりとり出来る店員さんがいる
お店が非常に多くなってきているようです。


この日は一名の男性客とテーブルで相席。

DSC_0249.JPG

店内は少し暗め、照明は直接当たらないように壁に向けられていて、
その反射を使った間接照明となっています。
しかしそのうちいくつかの照明はテーブルを照らし
インスタ映えする写真の撮影のために
意識や配慮がなされてもいます。

ラーメン屋さんにしては珍しく、
店内には静かなジャズが流れています。



今回食したのは 

あら炊きらぁめん へしこ焼きおにぎり付き 980円

です。おにぎり付きとは珍しいです。


さあ、やってきました!
待望のラーメンです!!

DSC_0251.JPG




DSC_0254.JPG

スープは塩味で、薄味ながら旨味は強いです。

DSC_0256.JPG

麺は細いストレート麺、硬めでコシが強い麺です。
カンスイや重曹の味はあまりしないですね。
小麦粉の風味だけで勝負しているような麺だと思います。

いい意味で麺とスープが混ざり過ぎずセパレートしていて、
それぞれの味の独立をうまく守っています。

DSC_0252.JPG

DSC_0257.JPG

そこにネギを食べると
スープと麺の味の懸け橋になります。
不思議なくらいに上手く味が混ざりあいます。
これは凄いですね。




DSC_0258.JPG

DSC_0261.JPG

DSC_0259.JPG

海老つみれはプリプリの食感が楽しく、
甘みがありますがあくまでも薄味。
ラーメンの味を壊しません。
軟骨入りつくねは
かなりこのラーメンの食材の中では濃厚な味に調理されています。
旨味が凝縮されている、といった感じ。
この海老つみれと軟骨入りつくねの
二つの違った旨味があることでラーメンの味自体は薄味ながらも、
味や美味しさの幅を大きく広げています。




そして最後におにぎりです。付属してくる塩で最初にひと口食した後に、
ラーメンの中に入れて突き崩して食べるのです。

DSC_0253.JPG

DSC_0263.JPG

DSC_0264.JPG

DSC_0265.JPG

DSC_0268.JPG

結局最終的には、
レンゲよりお箸の方が崩しやすかったです。
おにぎりの表面が焼いてあるため、
容易には崩れないからです。
最後はどんぶりごと抱えて
スープとおにぎりをかき込むと
上手に美味しく食べられます。


薄味ながらも品位の高い塩味が存分に活きた
ハイクオリティなラーメン、心ゆくまで堪能しました。

スープも、おにぎりのご飯粒の最後の一粒まで完食!
ごちそうさまでした!!



店舗情報  麵屋 海神
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目35−7 さんらくビル
電話:03-3356-5658

食べログも参照して下さい
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13045287/dtlmenu/
ラーメンデータベースも参照して下さい
https://ramendb.supleks.jp/s/12529.html


posted by たむりん at 15:47| Comment(0) | ラーメン屋さん探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

ラーメン屋さん探訪 Vol.23

西新宿 らぁめん満来(まんらい)


今回は西新宿の「らぁめん万来(まんらい)」を紹介致します。

DSC_0279.JPG

DSC_0281.JPG



新宿駅西口から徒歩3分、小田急ハルクのすぐ裏に位置します。

僕が最初に行った時には凄い行列で皆さん並んでいました。
写真を撮った時には、たまたま店外の列は無くなっていました。

DSC_0278.JPG

DSC_0285.JPG

DSC_0284.JPG

外のメニューを見て、シンプルなメニュー構成にワクワクします。
こういうお店は大抵美味しいのです。
木目の看板が良い雰囲気を醸し出しています。

DSC_0283.JPG





DSC_0292.JPG

DSC_0287.JPG

DSC_0288.JPG

店内は暗めですが、カウンターの上だけは明るくなるように上手く照らされています。
やはりインスタ映えが重視される時代の写真映りを意識しているようです。

内装は本格的な和の感じの木目調で、京都などの料理店を思わせるような
豪華で格調高い、女性でも入りやすいような内装です。
カウンターのみで15席の店内ですが、広くゆったり作られていています。




DSC_0286.JPG

食券を購入。今回食すのは

チャーシューらぁめん 1,550円 です。
ちょっとお高め。それだけに期待も大です。


カウンターに座るとお冷はセルフサービスですが、
こんなものが各席にあって、ここから注ぎます。
なかなかオシャレです。

DSC_0289.JPG

カウンターの様子と、
カウンターから見える厨房の様子は
こんな感じです。

DSC_0290.JPG

DSC_0291.JPG



提供時間はかなり遅めです。見ている限り、
かなり丁寧に作っているようです。

そして、来た〜〜〜〜〜!

DSC_0294.JPG

まずとにかく盛りが凄い!
見た目にも爆裂な量であります!!



DSC_0302.JPG

鶏ガラベースの薄口醤油スープは、
オーソドックスながら爆裂量のラーメンをしつこくなく、
飽くことなく食べさせられる、あっさり味。

DSC_0299.JPG

麺は中太の縮れ麺。
かなり柔らかめに茹でてありますが、
芯の歯応えはしっかり残っています。
カンスイは多めですかね。
後述するチャーシューの量も凄いですが、
麺もかなりのボリュームがああり、量は多いです。
食べ応えは充分過ぎるくらいです!


DSC_0301.JPG

DSC_0297.JPG

そしてチャーシューのそのデカさにはとにかくビックリ!
「肉の塊!」という感じです。
厚切りで大きさも大きい割には、意外な程に薄味であっさり。
それ故、この爆量をバクバクと食べ進められます。
チャーシューは脂身の多い特大チャーシューが二枚と、
脂身がほとんどない肉の特大塊チャーシューが一つです。




DSC_0295.JPG

海苔が風味を増し、ネギが味を引き締めます。
メンマも薄味でオーソドックスな形ですね。
これらはほんのちょっとしたアクセントにのみとどまり
あくまでもラーメン全体のバランスを壊しません。

あまりにも爆裂量過ぎて最初にコショウをかけて食べることが困難なので、
途中でコショウをかけて、「味変」として楽しむと良いと思います。



見た目の量の多さに反して、あっさりと胸やけもせずに
スープまで完食出来る逸品でした。
ごちそうさまでした!!



店舗情報  らぁめん満来
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1−4−10
電話: 03-3340-2727

食べログも参照して下さい
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000808/
併せてラーメンデータベースも参照して下さい
https://ramendb.supleks.jp/s/14180.html


posted by たむりん at 15:55| Comment(0) | ラーメン屋さん探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

ラーメン屋さん探訪 Vol.22

西武立川 UMA TSUKEMEN


今回は西武立川より徒歩5分程の所に位置する
「UMA TSUKEMEN」を紹介致します。
こちらのお店の店主さんは、
元一流ホテルのシェフさんで、
「唯一無二!ホットパイ包みのつけ麺が
食べられるのはココだけ!!」
というのが売りのラーメン屋さんです。


DSC_0337.JPG

DSC_0336.JPG

DSC_0339.JPG

DSC_0344.JPG

DSC_0347.JPG

トレーラーハウスの店構え、
店内はカウンターのみだが
席数は多く広いです。


まだ夜の部の開店直後で空いていました。
弟子と思しき東南アジア系の若者が
店主さんに色々教わりながら頑張っていました。





DSC_0342.JPG

DSC_0343.JPG

DSC_0341.JPG

MEGAえびつけ麺 1,380円  食券を購入。




DSC_0350.JPG

麺は自家製麺。




DSC_0352.JPG

DSC_0351.JPG

「おすすめの食べ方、おすすめしない食べ方」
を写メしていたら、店主さんが話しかけて下さり
色々なことを教えてくれました。
とても気さくで素敵な店主さんです。
お店は10年目だそうですよ。




つけ麺スープを包むパイを焼くため、
提供には時間がかかります。
ワクワクで待っています。

さあ、来ましたよ!!

DSC_0353.JPG

DSC_0358.JPG

DSC_0356.JPG

パイ生地には水を一滴も使っていないそうです。


DSC_0355.JPG

DSC_0366.JPG

全粒粉で作られた硬めで太いストレート麺は
もちもち感と歯応えが凄いです。





DSC_0360.JPG

チャーシューが香ばしく、
アルミホイルで包んでで焼いてあるために
味が表面ではなく、噛むと奥から滲み出てきます。

DSC_0368.JPG

トッピングにもチャーシューは入っていて、
こちらも別の味付けで、とても深い味です!




DSC_0362.JPG

DSC_0364.JPG

DSC_0373.JPG

DSC_0371.JPG

スープ割りはバジルが浮かんでる。
斬新、感動!!
スープで割って塩分濃度は下がっても
旨味は決して下がらない!
冷めると固まるほどの旨味成分の濃い
極上のスープなんだそうですよ!




さて、食べ終わると店主さんが
「極UMA中華そばというのもあって、
美味しいから是非今度食べてみて下さいよ!」
というので、胃袋にまだ余裕があった僕は
その日にそれを食べてみることにしました。

という訳で、二杯目は

極UMA中華そば 750円 を食しました。

DSC_0374.JPG

こちらは割と普通の提供時間でしたね。

この頃にはお店も段々と混んできました。
若者四人組のグループに
続いて夫婦のお客さんも来店。
続々とお客さんがやってきますね。
さすがに人気のお店です。


DSC_0375.JPG

あっさり味の澄んだ醤油スープはもう、
芸術品の域に達しています!ヤバい!美味い!!


DSC_0378.JPG

そして細めんは喉ごしを味わうには
申し分のない至高の出来栄えです!
このお店の麺は、細麺も太麺もストレート麺です。



DSC_0380.JPG

DSC_0379.JPG

きちんと温度管理してしっかりと作られた
ロスートチキンとローストポークは本物の味!


DSC_0382.JPG

久し振りにナルトも見ました(笑)

メンマはオーソドックスな関東風の薄味。
ほうれん草が大地の土のにおいを演出し、
ネギもシャキシャキ感で爽やかさを出しています。



DSC_0384.JPG

最後に顔を出した平打ち太麺の食感に感動!

あっさりしているのに全然物足りなくない、
感動の王道醤油ラーメンでした。
このラーメンのスープも冷やすと固まるくらいに
旨味成分が豊富なのだそうですよ!



結局ラーメン二杯ともスープまで完食!
ごちそうさまでした!!



店舗情報  UMA TSKEMEN
HP http://localplace.jp/t200325462/
住所:〒190-0034 東京都立川市 西砂町1丁目3−15
電話:042-520-0038

食べログも参照して下さい
https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13087931/
併せてラーメンデータベースも参照して下さい
https://ramendb.supleks.jp/s/19127.html


posted by たむりん at 15:42| Comment(0) | ラーメン屋さん探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする