2017年12月07日

ラーメン屋さん探訪 Vol.6

吉祥寺 武蔵家


今回は吉祥寺の武蔵家(むさしや)を紹介します。
最後に「家」と書いて「や」と読ませる、言わずと知れた「家系ラーメン」です。
家系も昔は珍しかったのですが、ここ近年メジャーになってきています。
僕は随分前から、メジャーになる前から家系は大好きです。



お店は吉祥寺の南口方面にあります。ドン・キホーテの手前辺りを左に曲がって入っていくと
すぐにお店の看板が見えてきます。とても分かり易い場所に位置しています。

DSC_0443.JPG



久々の家系ラーメンでしたから、テンションも上がりました。
さて、今回は 「アゴ塩ラーメン」 650円 を食しました。
安いですね〜。しかし、そのクオリティは決して安物ではありません。

DSC_0447.JPG




麺は太いストレート麺、一本一本が短めの麺です。少し珍しいタイプの麺です。
アゴだしのスープがよく絡まるように工夫された麺なのでしょうか。
僕には違和感ない、というよりも個人的には気に入った個性的な麺ですね。


中央に盛られた白髪ネギは、その辛さでアゴだし特有の魚臭さも消してくれ、
また、油が多めの家系ラーメンの脂っこさも程よく中和して、
濃厚な魚味や油の味のアゴ塩スープをしつこくないように感じさせてくれる
なくてはならない重要なトッピングとなっています。


また、アクセントの三つ葉が爽やかさも演出しています。



このアゴ塩ラーメンのスープは非常に良い出来で、食べ進んでいくと
次第にしつこくない中に凝縮された旨味が詰まっていることがわかってくる
このお値段では考えられないクオリティの、正に絶品スープです!

DSC_0450.JPG

DSC_0449.JPG

DSC_0448.JPG




また、プラス50円でライスがおかわり自由というのもうれしいですね。
心ゆくまでガッツリいきたいという方には、ライスおかわり自由がオススメです。

DSC_0451.JPG


勿論、今回もスープまで完食! 



店舗情報  吉祥寺 武蔵家
HP http://6348musashiya.com/index.html
住所:180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-11 弥生ビル1F
電話:0422-77-0180



posted by たむりん at 14:31| Comment(0) | ラーメン屋さん探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

ラーメン屋さん探訪 Vol.5

銀座 篝(かがり)


今回行って参りましたのは、銀座の白湯ラーメン「銀座 篝(かがり)」です。


そして今回このブログでご紹介するのは「銀座 篝(かがり)」の本店ですが、
実は今現在こちらの本店は移転の為、一時休業中です。近くであれば
Echika fit 銀座に「銀座 篝(かがり)Echika fit 銀座店」があり、
本店と変わらぬ味を提供しています。



さて、話は僕が藍樹魅那と訪れました旧本店のお話に戻りましょう。



お店は銀座のど真ん中。東京メトロの銀座駅より徒歩2分です。
冬なので銀座の綺麗なイルミネーションを横目にお店に向かいます。

DSC_0411.JPG



そして「なんじゃこりゃ?獣道か?」というような路地を抜けていきます。

DSC_0412.JPG




お店の前には長蛇の列が。この日は二時間も行列に並びました。

DSC_0416.JPG

お店はこんな感じです。

DSC_0418.JPG



二時間の行列待ちの間に、僕と藍樹魅那の前に並んでいたカナダ人夫婦とお友達になりました。
ロッキー山脈の麓に住んでいるそうです。念願の銀座のラーメン屋さんだ、と言っていました。
マイクさんと奥さんのジェーンさんです。

DSC_0420.JPG





二時間以上も並んで次が僕達の番だというところまで来ました。
藍樹魅那も僕もニッコニコです。

DSC_0422.JPG

DSC_0430.JPG




さてさて、肝心のラーメンが満を持して登場!!
非常に見た目も華やかで日本料理の要素が取り入れられている感じがします。

DSC_0426.JPG

食しましたのは「鶏白湯SOBA」 950円です。
「SOBA」というネーミングで外国人の方にも分かり易いインパクトを与えます。


麺は細いストレート麺。ストレート麺ですが、驚くほどスープとよく絡みます。
とてもコシの強い麺です。僕は好きですね。好感が持てる麺です。

スープは濃厚な鶏白湯スープ。とてもクリーミーで味も強いスープです。
しかし、濃厚さは持ち合わせながらも意外な程に上品であっさりに仕上がっており、
野菜の旨味が充分に出ているスープの為、しつこさやくどさはありません。
特筆すべきは柚子の風味。柚子の香りがこのスープの上品さを
最大限に引き立てて至高の味わいにまで昇華させています。

チャーシューではなく、お肉は鶏肉のローストが入っていました。
フレッシュキャベツやスライスオニオンも入っていて、
味が複雑に絡み合う個性的でなおかつ上品な、
それでいてどこか日本料理、そう!まるでどこか京料理のような味わいも出しています。




そしてこちらの付け合わせは、フライドオニオンと生姜。

DSC_0428.JPG




また、ほうれん草も入っていますが、こちらはダシで下味をつけるという
日本料理のような匠の技も使われていて、ラーメンといえどもクオリティが非常に高いです。


二時間も並んで待った甲斐がありました。メチャクチャ美味しかったです!
まさしく、これぞ「ザ・ジャパニーズ・ラーメン!」です。
ぜひ行ってみてください。ただし、長時間の行列は覚悟して行って下さいね!!
今回ご紹介した本店は現在移転の為の休業中ですが、
支店がいくつもあるようなので、そちらに行かれてみてはいかがでしょうか?



店舗情報  銀座 篝(かがり)
※「銀座 篝(かがり) 銀座エチカ店」です。

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座4-1-2 銀座 echikafit
電話:03-3561-0717


ラーメンデータベースも参照して下さい
https://ramendb.supleks.jp/s/83596.html





posted by たむりん at 10:03| Comment(0) | ラーメン屋さん探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

ラーメン屋さん探訪 Vol.4

新宿 焼きあご塩らー麺 たかはし


今回は前から入ってみたいと思っていたお店に行って来ましたのでご紹介します。
いつも通りかかると行列が凄くて入るのをためらっていましたが、
先日たまたま通りかかった時に空いていたので入ってみました。
「焼きあご塩らー麺 たかはし」です。いつも長蛇の行列の人気店です。

DSC_2871.JPG





店内はこんな感じ。空いていたので人が写り込む事もなく撮影出来ました。

DSC_2874.JPG

DSC_2878.JPG


長崎県平戸市産の焼きあごを使用しているスープが特徴のラーメン屋さんです。



今回は「焼きあご塩らー麺」 800円 を食してみました。100円の味玉もトッピングしました。

DSC_2886.JPG


スープは思ったよりもまろやかで、意外な程に魚臭さがありません。
ネギの白い部分の辛みが素晴らしいアクセントになっていまして、
そのネギの上に少量散らしたじゃこがセンスの良さを感じさせます。
三つ葉のアクセントもまた、見逃せません。

麺は少し透明感のある微ちぢれ麺といったところ。柔らかいながらも
歯応えがしっかりとある麺でした。麺とスープが絡みすぎる事もなく、
上手くそれぞれの味を分離・主張させながらも、それでいて渾然一体となっている
ラーメン屋さんとして非常に素晴らしい仕事がなされています。

豚ロースと豚バラの二種類のチャーシューが入っていてそれぞれが楽しめます。
特に豚バラの方は、チャーシュー独特の甘みがあり絶品!
とろけるのに決してくどくないところが、薄味スープのラーメンにマッチしています。
メンマも薄味で、味そのものよりも歯応えを楽しむために入っているようです。




また、時代に即してインスタ映えなどを意識したのかどうかは分かりませんが
カウンターの上が明るいですね。写真が非常に撮りやすいです。

DSC_2888.JPG


照明が凝っていて、ちょうどカウンターのラーメンが置かれる部分が
シッカリ明るくなりますし、色合い的にも美味しそうに見える光で工夫されています。

DSC_2887.JPG


勿論、ちゃんとラーメンの味の方も最高だったので、完食しました!!



店舗情報  焼きあご塩らー麺 たかはし
HP http://takahashi-ramen.com/
住所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-27-3 KKビル1階
電話:03-6457-3328

posted by たむりん at 14:43| Comment(0) | ラーメン屋さん探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

ラーメン屋さん探訪 Vol.3

つつじヶ丘 柴崎亭


はい、今回ご紹介しますのは京王線つつじヶ丘駅から徒歩3分の
「柴崎亭」です。シンプルな中華そばが人気の有名店です。

DSC_2190.JPG




こんな感じの、少し懐かしいような田舎感も漂う「和」なお店です。
看板も和風の佇みで、良い感じです♪

DSC_2189.JPG



京王線の線路際にありますが、店内に入るとそれほど線路に近いうるささも感じません。



今回食したのは「中華そば」 500円です。

DSC_2184.JPG

リーズナブルなワンコイン価格、何度食べても飽きない基本の中華そば、
それらがこのお店の人気の秘訣でもあります。


肝心のラーメンのお味の方はと言いますと、
スープは少し酸味を感じる醤油スープ。
固めのストレート細麺と相性が抜群でした。
小麦粉の香りが強く麺自体の旨味が濃い素晴らしい麺でした。
それ故、奇をてらった事をせずにシンプルな中華そばに作り上げたのでしょう。
この麺の味で勝負するのに、ゴチャゴチャした余計な味は必要ありません。
プツン、と切れる麺の切れ味はとても良く、
麺の噛み応えと麺自体の素材の味わいを堪能出来る、
シンプル・イズ・ベスト醤油ラーメンです!

薄味ながらよく味わうと、深い味の大きめチャーシュー、
メンマも薄味、あくまでも麺より主張をせずに麺の旨さを引き立てます。
それらの味付けの方向性からも「あくまでも主役は麺!」という
今時珍しいくらいに麺の主張を前面に出したシンプルラーメンです。
これは余程の自信がないとここまで引き算で余計なものを削ぎ落せないでしょうね。
個人的にはとてもお気に入りとなったお店でした。



店舗情報  柴崎亭
HP http://shibasakitei.com/
住所:〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘3-25-52
電話:0424-44-6643

posted by たむりん at 21:55| Comment(0) | ラーメン屋さん探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

ラーメン屋さん探訪 Vol.2

神泉 神泉のらぁめん屋 うさぎ

はい、今日ご紹介しますのは、
先日行って参りましたラーメン屋さん、
神泉にあります「うさぎ」です。

DSC_2183.JPG


神泉の駅の南口から歩いて5分はかからないですかね、
でも、ちょっと分かりにくい所にあります。マルエツを左手に見て、
ひとつ目のT字路を左に折れてすぐの右側、と書いておけば
行ってみればわかると思います。お店がいかにも「派手」なラーメン屋さんではなく
実にシックなので、最初は見落としがちなんですね。


さて、今回食したのは「特製醤(ひしお)ラーメン」 ¥1,200 です。

DSC_2178.JPG

麺は固めの細麺で、カンスイが少し多めの感じを受けました。
非常にコシがありました。

少し甘口気味の透き通ったスープは完全無化調。
これがとても美味しかったですね。僕はかなり好きです!

炙りチャーシューが、これまた絶品!
最近はとろけるようなトロトロのチャーシューが流行っていますが、
うさぎのチャーシューはトロトロではなく、
歯応えをしっかり残して、そして香ばしさもシッカリしています。
この歯ごたえと香ばしさは絶品!!
近年食べたチャーシューの中ではトップクラスに美味しいです。
決して固い、という事ではありません。
きちんと柔らかさもあり、その中に歯応えと弾力があるのです。

味玉も絶品!
固さをしっかりと残し、味の染み込み方も素晴らしくちょうど良いです。

水菜もしっかりとアクセントになっていました。

今回は「特製醤(ひしお)ラーメン」で、
フルトッピングになっており1,200円と少々値が張ってしまいましたが、
普通の「醤(ひしお)ラーメン」は750円とお手頃です。

その他店内では、担々麺やつけ麺などを頼んでいた人も多くいて
それらも人気メニューのようです。

メンマはしっかりとメンマ自体の味を主張していて美味しかったですね。
そうそう、お箸はリユースで、環境のことも考えられてますね。

あっさりとしながらも、
シッカリとした味わいと深みのある無化調スープ、
コシのある麺とマッチしていて、
勿論、完食!!

あと、小さなことなんですけどね、
店内にはサーキュレーターが高い棚の上に二つあって、
きちんと風や空気が回っていますから
涼しさも確保されていて、嬉しい気づかいのお店でした!



店舗情報  神泉のらぁめん屋 うさぎ
住所:〒150-0045 東京都渋谷区神泉町8-13 アーガス霜田ビル1F
電話:03-3464-4111

食べログも参照して下さい
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13041115/

posted by たむりん at 20:17| Comment(0) | ラーメン屋さん探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする