2019年08月28日

食べ歩き日記 Vol.17

大阪日本橋 メシクウタン


今日ご紹介するのは
大阪日本橋の「メシクウタン」。
カレー屋さんです。

ここは私が大阪のカレーに
ハマるきっかけとなったお店の一つです。

CENTER_0001_BURST20190731113.JPG

こんな佇まいのお店が
日本橋にあります。

お店の中はこんな感じ。

DSC_0094.JPG

DSC_0107.JPG

店主さんは昔ミュージシャンだったそうで、
店内には楽器もあります。


まずは ダルバート 1,000円

DSC_0492.JPG

ダルバートとは
ネパールの家庭的な料理を意味します。
ダルとバートの造語です。
ダルは豆のスープ
バートは米のご飯を意味します。
豆のスープを用いた
ネパールのカレー、みたいに考えたら
いいと思います。
これはチキンカレーと豆のスープです。

DSC_0500.JPG

上に乗っている洋風せんべいみたいなのは
パーパドと言います。
カレーを乗せたりつけたりして食べます。

ダルバートは全部をぐちゃぐちゃにして
混ぜて食べるのが正しい食べ方だそうです。

DSC_0501.JPG

チキンカレーと豆のスープ、
アチャールといわれる
野菜や果物の漬物を混ぜ合わせていただきます。


この梅のアチャールは絶品で
カレーに酸味と爽やかさのパンチを与えます!

DSC_0502.JPG

鶏肉は極限まで柔らかく
スパイスも浸み込んでいて、
もうそれは絶品です!

DSC_0520.JPG

トマトや生姜のペースト
その他の野菜のコラボも見逃せません!
豆のスープがまろやかさを出していて
素晴らしい一皿です。
ここに来ると毎回頼んでしまいます。




そしてお次は マトンカレー 900円

DSC_0528.JPG

ナンはカレーをつけると勿論美味しいです。
でも、付け合わせのジャガイモを乗せても美味!
究極はサラダを挟んでカレーをつけて食す!
これはもう天国の味!

DSC_0538.JPG


濃厚なコクのマトンのカレー。

CENTER_0002_BURST20190731115.JPG

ご飯にかけて、その上にナンというのがベスト。

DSC_0541.JPG


マトンは一瞬固いのか?
と口に入れて思いつつ
噛んでいくにつれ、
柔らかく、それでいて歯応えもあり、
味はかなりしっかりとしています。
噛み締めると味がどんどん出てきます。

DSC_0544.JPG

マトンの独特の香りと
カレーのスパイスが合わさり
最高の味に仕上がっています!
トマトが爽やかさを演出していて
全体的にくどい味にならないように
作られているのは職人技!

思いっきり堪能しました。
ごちそうさまでした!




店舗情報  メシクウタン
営業時間  11時30分〜15時 17時30分〜23時
      日曜営業
住所:〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4-2-20 コア日本橋
電話:080-5714-5843

詳細は食べログも参照してみてください。
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27089796/

併せてRettyの情報もご覧ください。
https://retty.me/area/PRE27/ARE94/SUB9501/100001271343/




posted by たむりん at 11:20| Comment(0) | たむりんの食べ歩き日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: