2018年04月17日

ラーメン屋さん探訪 Vol.22

西武立川 UMA TSUKEMEN


今回は西武立川より徒歩5分程の所に位置する
「UMA TSUKEMEN」を紹介致します。
こちらのお店の店主さんは、
元一流ホテルのシェフさんで、
「唯一無二!ホットパイ包みのつけ麺が
食べられるのはココだけ!!」
というのが売りのラーメン屋さんです。


DSC_0337.JPG

DSC_0336.JPG

DSC_0339.JPG

DSC_0344.JPG

DSC_0347.JPG

トレーラーハウスの店構え、
店内はカウンターのみだが
席数は多く広いです。


まだ夜の部の開店直後で空いていました。
弟子と思しき東南アジア系の若者が
店主さんに色々教わりながら頑張っていました。





DSC_0342.JPG

DSC_0343.JPG

DSC_0341.JPG

MEGAえびつけ麺 1,380円  食券を購入。




DSC_0350.JPG

麺は自家製麺。




DSC_0352.JPG

DSC_0351.JPG

「おすすめの食べ方、おすすめしない食べ方」
を写メしていたら、店主さんが話しかけて下さり
色々なことを教えてくれました。
とても気さくで素敵な店主さんです。
お店は10年目だそうですよ。




つけ麺スープを包むパイを焼くため、
提供には時間がかかります。
ワクワクで待っています。

さあ、来ましたよ!!

DSC_0353.JPG

DSC_0358.JPG

DSC_0356.JPG

パイ生地には水を一滴も使っていないそうです。


DSC_0355.JPG

DSC_0366.JPG

全粒粉で作られた硬めで太いストレート麺は
もちもち感と歯応えが凄いです。





DSC_0360.JPG

チャーシューが香ばしく、
アルミホイルで包んでで焼いてあるために
味が表面ではなく、噛むと奥から滲み出てきます。

DSC_0368.JPG

トッピングにもチャーシューは入っていて、
こちらも別の味付けで、とても深い味です!




DSC_0362.JPG

DSC_0364.JPG

DSC_0373.JPG

DSC_0371.JPG

スープ割りはバジルが浮かんでる。
斬新、感動!!
スープで割って塩分濃度は下がっても
旨味は決して下がらない!
冷めると固まるほどの旨味成分の濃い
極上のスープなんだそうですよ!




さて、食べ終わると店主さんが
「極UMA中華そばというのもあって、
美味しいから是非今度食べてみて下さいよ!」
というので、胃袋にまだ余裕があった僕は
その日にそれを食べてみることにしました。

という訳で、二杯目は

極UMA中華そば 750円 を食しました。

DSC_0374.JPG

こちらは割と普通の提供時間でしたね。

この頃にはお店も段々と混んできました。
若者四人組のグループに
続いて夫婦のお客さんも来店。
続々とお客さんがやってきますね。
さすがに人気のお店です。


DSC_0375.JPG

あっさり味の澄んだ醤油スープはもう、
芸術品の域に達しています!ヤバい!美味い!!


DSC_0378.JPG

そして細めんは喉ごしを味わうには
申し分のない至高の出来栄えです!
このお店の麺は、細麺も太麺もストレート麺です。



DSC_0380.JPG

DSC_0379.JPG

きちんと温度管理してしっかりと作られた
ロスートチキンとローストポークは本物の味!


DSC_0382.JPG

久し振りにナルトも見ました(笑)

メンマはオーソドックスな関東風の薄味。
ほうれん草が大地の土のにおいを演出し、
ネギもシャキシャキ感で爽やかさを出しています。



DSC_0384.JPG

最後に顔を出した平打ち太麺の食感に感動!

あっさりしているのに全然物足りなくない、
感動の王道醤油ラーメンでした。
このラーメンのスープも冷やすと固まるくらいに
旨味成分が豊富なのだそうですよ!



結局ラーメン二杯ともスープまで完食!
ごちそうさまでした!!



店舗情報  UMA TSKEMEN
HP http://localplace.jp/t200325462/
住所:〒190-0034 東京都立川市 西砂町1丁目3−15
電話:042-520-0038

食べログも参照して下さい
https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13087931/
併せてラーメンデータベースも参照して下さい
https://ramendb.supleks.jp/s/19127.html


posted by たむりん at 15:42| Comment(0) | ラーメン屋さん探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: