2018年04月14日

ラーメン屋さん探訪 Vol.20

東神奈川 らぁめん夢(むー)


今回は東神奈川の「らぁめん 夢(むー)」を紹介致します。
東神奈川駅から徒歩5分、道も分かり易くすぐに見つけられました。

DSC_0403.JPG

ちょっと見た感じは、田舎や郊外によくある純喫茶のような感じですね。

店内は割と狭くカウンターだけのお店です。
店員さんとお客さんの会話を聞いている限りでは、
地元の常連さんが多い感じのお店です。

僕が行った時には店内のお客さんは全員男性。
女性の一人客や女性のみのグループだと、
最初ははちょっと入るのに勇気が要るかもしれない雰囲気です。



DSC_0404.JPG

DSC_0406.JPG

まずは食券を購入。今回食しますのは
特製らーめん 980円  です!


DSC_0407.JPG

カウンターはこんな感じなので作っているところがよく見えます。
カウンターの方が調理場より若干高さが高いので、
中が丸見えというか、作っているところが本当によく見えます。
あえてわざと見せているかもしれません。自信の表れのように僕は思いました。
手際が非常に良いので、ラーメンにかなりの期待ができます!



さて、ラーメンが登場!

DSC_0416.JPG

この注射器みたいのは何だろう?と思ってお店の人に聞いてみると
「味変用の煮干し脂です!」とのこと。うむ、これは楽しみだ!


DSC_0415.JPG

DSC_0419.JPG

麺は細めのストレート麺、柔らかめに茹でてあり、
小麦の香りで勝負している麺のように感じます。
しかし柔らかめとはいっても芯の歯応えはきちんと残されており、
良い意味でしっかりとした芯が
麺をかんだ時、最後に「プツン!」という感じで歯応え良く切れるのが
クオリティの高い仕事の片鱗を見せてくれる部分です。


DSC_0420.JPG

スープは油が特徴的で、良い意味で油分が混ざり切っていなく、
スープ成分と油が程よく分離していることによって
味がごちゃ混ぜにならずスッキリとしています。
これは簡単なようで難しく、正に醤油味のスープの極味です!



DSC_0422.JPG

チャーシューは硬めで厚切り、王道を行く関東風の味付けですが
淡い味のスープを壊さないために、薄味で肉の旨味で勝負しています。
肉の質が相当良いものなのが僕にも分かります。

ローストチキンの淡く深い味にも舌を巻いてしまいます。




DSC_0424.JPG

味玉の甘味は今年いちばんの極み!
旨味!甘味!




DSC_0423.JPG

DSC_0421.JPG

極上のワンタンはスープをよく吸っていて、
淡い薄味のラーメンの中で、
ダシと旨味を集めた味がそこに凝縮された
濃厚パラダイスのワンタンに仕上がっています。

海苔が全体の味を香ばしく包み、
ネギの鮮烈さが全体の味を引き締めます。

メンマは薄く平たく切ってあり、
薄味ですけど、非常に甘口に煮てあります。
メンマの量はかなり少なめではあります。
狙いとしてはちょっとしたアクセントなのでしょうね。




DSC_0412.JPG

DSC_0425.JPG

そしてお待ちかねの味変!
何度も言いますが「味が変」ではなく
「味の変化」や「味変化」を意味してるんですよ!

煮干し脂を入れるとチャーシューの味まで変わる!
これは本当にに凄い!
チャーシューの決して多過ぎない脂身が
何故かとろけて感じ、硬さの中の旨味と
そこに秘められた柔らかさまで引き立てます!
煮干しの香りが立ち昇り、スープの旨味も深くなり
麺の小麦の香りまで強く感じさせてくれます!


美味しい笑顔でスープまで完食!
ごちそうさまでした!


店舗情報  らぁめん 夢(むー)
住所:〒221-0823 神奈川県横浜市神奈川区二ツ谷町1−21
電話:070-6972-3028

詳細は食べログも参照して下さい
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140212/14053385/
併せてラーメンデータベースも参照して下さい
https://ramendb.supleks.jp/s/72724.html


posted by たむりん at 10:46| Comment(0) | ラーメン屋さん探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: