2018年03月10日

ラーメン屋さん探訪 Vol.14

高田馬場 焼麺 劔(つるぎ)


今回も引き続きラーメン激戦区の高田馬場シリーズ。
「焼麺 劔(つるぎ)」をご紹介致しましょう。


今回のお店は高田馬場の早稲田口から徒歩10分弱、
早稲田通りを歩きそして裏通りへと深く入っていき
位置している場所は完全な裏通りの住宅街にあります。
僕は迷ったので辿り着くのに15分以上かかってしまいました。

DSC_0142.JPG

知る人ぞ知る、そんな感じのお店です。



夜の部が18:00からなのでそれに合わせて行きましたが、
店内は既にほぼ満員。さすがの人気店です。
店内の壁にはこんなものが。「劔」という字は難しい方の漢字なのですね。
そんなとこにもお店のセンスを感じます。

DSC_0143.JPG





食券を買って注文を済ませると、これが出てきました。

DSC_0144.JPG

DSC_0146.JPG

これをすり鉢で摺ってかけるのですね。



他にも調味料は沢山用意されてますね。勿論紅しょうがも。

DSC_0153.JPG

DSC_0150.JPG

DSC_0147.JPG

DSC_0149.JPG




店内はこんな感じです。最近のお店にしては少し暗めで、
かなり落ち着いた感じですが、カウンターにはきちんと光が当たっていて
ラーメンを写真撮影してSNS等に投稿する際の事もちゃんと考慮されています。

DSC_0154.JPG






今回は  チャーシュー焼麺 980円  を食してみました。

DSC_0155.JPG

茹でた面を鉄板で焼き、それをスープに入れたこの店独自のオリジナルラーメン。
パリッ!という麺の食感と、その後に二段攻撃で来る麺のモチモチ感は新感覚です!
ラーメンの麺がカリカリするという食感は初めての体験です!!



DSC_0156.JPG

スープはこってり系ですが、思いの外しつこかったりくどかったりしないのが特徴です。
とろーりとした濃厚豚骨スープ、あと野菜っぽい味もしましたけど、
野菜のエキスもダシに使っているのでしょうか。マイルドなスープは絶品です。
焼いた麺の香ばしさを殺さないスープの味付けの絶妙さがクオリティの高さと
仕事の素晴らしさを見せつけてくれます。




そして先程のすり鉢の中身を入れて「味変」!!
紅しょうがも勿論入れちゃいます!

DSC_0159.JPG

これによってコクと爽やかさが同時に増してきます。最後まで飽きずに食べられる、
こってり系を最後まで楽しめる高いクオリティのアレンジです。
特に紅しょうがは絶対に入れたいですね。
色合いが良くなって見た目が華やかになるだけではなく、
紅しょうがが全体の味のバランスをしっかりと引き締めてくれます。









DSC_0160.JPG

メンマは大きく太い角切り風。




DSC_0161.JPG

角切りチャーシューは硬めで濃い味がしっかりと付いています




DSC_0162.JPG

大きいチャーシューはトロトロ過ぎず、歯応えと噛み応えを堪能できます。



DSC_0163.JPG

麺は中太ストレートの麺を茹でて、そして焼いてあることにより
少し縮れ気味になっています。
焼くことによりさらに風味と力強さが増しています。これは本当に素晴らしい味わいです!
そしてなんと言っても麺のおこげ部分は本当に美味しい!!





さらにニンニクと一味を入れての「味変」では旨味のハーモニーの層が
かなり厚くなって、旨味の三重奏、五重奏といった感じになります!
焼麺の強さに負けない力強い味のスープがベースになって
味の組み立てが何重にもなっている逸品のラーメンです!



体の芯まで暖まったのか、はたまた温まったのか、
食べていて驚くほど汗だくになりました。



勿論スープまで完食! 量的には満足したいなら大盛りがおススメです。
ごちそうさまでした!



最後にお店の前のカッコイイ看板を写真に撮って帰路につきました。

DSC_0165.JPG



店舗情報  焼麺 劔(つるぎ)
HP http://tsurugi-men.com/
住所:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-6-10 関ビル
電話:03-3200-5911


posted by たむりん at 15:45| Comment(0) | ラーメン屋さん探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: